01.interview, People

舞台「DOOODLIN’」特集 WRECKING CREW ORCHESTRA

Off 6483

■YOKOIは今まで出会った中で一番の天才(DOMINIQUE)

 

TDM では、改めてメンバーの紹介をお願いします。

 

yokoi

DOMINIQUE ではまず僕、DOMINIQUEがYOKOIを紹介します!僕はダンスを25年ほどやっているんですが、今まで出会った中で一番の天才だと思います。いつも一緒に練習して、踊っていて、すごく刺激になるんです。良い意味で「こいつ、むかつくわ!」って思わせてくれる。ただ、どんな芸事にしても、YOKOIは天才だと思います!

 

 

全員 (笑)。

 

 

TDM 今まで真剣な喧嘩をしたことはありますか?

 

DOMINIQUE さっきもしてましたよ。週2回、いや、月水金で喧嘩してます。

 

 

全員 (笑)。

 

 

TDM 喧嘩する時はダンスの話ですか?

 

 

DOMINIQUE
それもあるし、そうじゃない時もあるし、まぁさまざまですね。

 

 

TDM なるほど。DOMINIQUE君とYOKOI君の付き合いはどれくらいですか?WCOが始まってから?

 

 

YOKOI 知り合ったのはもっと前ですね。

 

DOMINIQUE
そうそう、知り合ったのは20年前くらい。初めて練習した住之江の駅前の高架の下で一緒に練習した時のことは未だに忘れられません。「あ、こいつ、とんでもないな。」って思いました。それから10年間一緒にやってきて、日に日に「やっぱりこいつの才能はすごいな。」と確信しています。

 

■WCOを作る非常に大きなきっかけ(YOKOI)

 

TDM
では、YOKOI君からコトバ君をご紹介して頂けますか?

 

YOKOI はい、じゃあコトバことキムを紹介しましょう!キムとも、もう20年以上の付き合いです。知り合ったのは22年くらい前。当時はキムもダンサーで、お互いにジャンルは違えど、切磋琢磨し合うチームでした。いわゆるダンス仲間であり、そして、鬼の様な飲み仲間でした(笑)。そんな中で、少しづつキムはダンスから芝居や舞台に興味を持ちはじめ、役者を目指すようになりました。その内に今度は演出の方にも興味を持ち始めたんWCOを作る前の20台後半の僕たちにとって、これからダンサーとしてどう生きていくかを考えていた時期でもあり、キムという存在がすごく大きなきっかけになりました。そうやってダンサーではないけれども、ダンサーの心は持っているし、ダンサーのことを理解している。また、既に演出という、ちょっと違う目線からWCOを作る非常に大きなきっかけになったんです。

 

TDM なるほど。

 

YOKOI
その当時、キムはダンススタジオも経営していたから、そこで皆が夜な夜な集まって、そういう話や練習をする場所も持つことができたんです。そういったことが無ければ、WCOはなかったかもしれません。ダンスしかやってない僕たちの中で、一人こういうキャラクターが居たということは、非常に僕たちにとってよかった。さらに、キムは演出だけじゃなくて僕たちが舞台をやっていく中で、自分のやりたいことや、やらなければならないことを、誰よりも軽いフットワークでやる。WCOが純然たるダンスだけを踊れて、守って、パフォーマンスを追求できたのは、それ以外のことをいろいろキムがやってくれているからなので、WCOにとっては非常に重要な存在です。

 

TDM
素晴らしい。一緒にお仕事をしていても、メンバーのことを第一にも考えているのが伝わってきます。

 

YOKOI
キムは本当誰よりもWCOのことが好きだし、メンバーのことを考えてくれている。そこも真面目なんです。基本的には一生懸命取り組んでくれているから、もちろんぶつかることもあるけども、愛はちゃんと伝わりますね。

 

 ■TAKEちゃんが居ることで、すごくスムーズにことが進む。(コトバ)

 take

YOKOI
じゃあ、キムからTAKEちゃん紹介しま~す。

 

 

 

 

コトバ はい!TAKEちゃんはね、すごく根が真面目で、男気があります。

 

TAKE はい、ありがとうございました~!

 

コトバ
そして、このとおり、すごく芸人のオーラもあります(笑)。その根本的な真面目さを照れ隠しの様にしてしまう二面性を持っていますね。僕たちもそれはわかっているんですが、基本的には、本当にボケ倒します(笑)。実は、最近多いんですけど、僕が舞台に関して喋っている時に、絶妙なタイミングでボケを挟んでくるんですよね。ま、僕がよく噛むからっていうのもあるんですけど(笑)。舞台前の緊迫した雰囲気の時に、ボケの合いの手を入れて和ましてくれるんです。ムードメイカーというか。このインタビュー中も僕のボケへのツッコミ、カンペがすごい飛びまくってるんですよ(笑)。潤滑剤という言い方は雑になってしまいますが、TAKEちゃんが居ることで、すごくスムーズにことが進むというか、皆もあんまり考え込まず、詰まり難くなっていると思います。WCOの中で非常にそういった意味では重要な存在です。そして、すごく努力家なので、僕たちが見てない所での練習量がすごいです。身体もすごいムキムキですし。身体能力もやっぱり高い。去年から禁煙しているし。

 

 

TAKE うん、そう!今1日20本くらい吸ってるけどな!

 

 

TDM
あれ(笑)?

 

コトバ はい、今のもボケですね。

 

 

TDM
良かった良かった(笑)。

 

コトバ 去年までずっと吸ってたんですよ。それでも、WCOの中で、一番体力あると思うくらいいつも元気で。そして、やめてから更に元気になりましたね。やはり常に練習もしていたので、煙草をやめたら更に体力もついて、去年は「全然疲れない!」と言っていたのが、すごく印象的でした。すごい努力家です。

■僕なんかよりも582万倍くらい努力家です。(TAKE)

 

TDM
じゃあTAKE君の方からDOMINIQUE君のご紹介お願いします。

 dominique

TAKE
DOMINIQUEさんは、すごく人をよく見ていて、いろいろ的確なアドバイスが、頭の中でいつもぐるぐるしていると思います。それを常に言う訳でもないんですが、たまにポーンと的確なことを言ってくれるんです。それが人にとってはね、時と場合によってはカウンターパンチのようにくらってしまう人もいれば、パワーになる人もいますね。そういう所はちょっと年長者的な立ち位置を、自分でもわかってやってくれているんじゃないかなと思います。さっきキムが、僕のことを努力家とかいろいろ言ってくれましたが、僕なんかよりも582万倍くらい、DOMINIQUEさん努力家です。

 

 

全員 (笑)。

 

 

TAKE
いつも踊ってるし、いつも後輩の面倒見てるし、いーっつも踊ってるし、いーっつも走ってるし、泳いでるし・・・。本当にもうすごいんですよ。努力家というかですね、もう努力家ですよ。あと、最近、特になんですけど、年齢のせいもあると思うんですけど、肌が・・・黒い。

 

DOMINIQUE 年齢は関係ない(笑)。

 

TAKE とにかく、DOMINIQUEさんも、すごくいろんなものを見ていてくれて、精神的に、みんな助かっていす。お父さん的な雰囲気を持っている人だと思いますし。あと、ダンスが好き。ダンスばり好き。まぁ、WCOのメンバーは皆好きやと思うし、好きになり方がいろいろあると思うんですけど、DOMINIQUEさんはダンス好きですね、すげー好き。いろんなダンスをすごく見てるし、踊ってるし。そういう人です。

 

TDM
では、他のメンバーの方のご紹介もお願いします!

sawada

コトバ じゃあSAWADAくんの説明をします。あれだけ泥臭い踊りができて、笑いのとれるファニーな演技もできて、さらに、デザインもできるんですよ。ヨーロッパの人が認めたEL SQUADのデザインは全部SAWADAくんが作っているんです。すごいですよね。パフォーマンス中は笑いも取れて、結構、泥臭い踊りもできますし、すごいギャップだと思います。そういう才能もあります。

 

 

 

shohei

DOMINIQUE
じゃあ僕がSHOHEIさんの紹介をします。僕の、ヒップホップの先生です。僕はもともとポップとロックだったのですが、たまたま練習場所が一緒だったショーちゃんに出会い、それからヒップホップ教えてもらいました。チームから含めたら一番長くやっているメンバーなので、信頼感というか、ダンスに対する気持ちは、僕の持ってる物とまったく違う能力を持っている人なので、そこは、もう師匠ですね。

 

 

 

 

 

uu

コトバ 続いてU.Uを。僕はU.Uとは20年くらいの付き合いなんですけど、すごいコミカルなコメディアン的な素質を持っています。人を楽しませたり笑わせることがすごく好きなので。また体を張って人を笑かす所が、僕にはない所ですね。そういった意味ですごく助けられてます。一応、舞台ですることは決め込んでお願いしないといけないこともあるんですけど、U.Uには丸投げ状態が多いですね(笑)。まぁU.U自体も悩んだりするとは思うんですが、そこでスベるとそこで却下になっちゃうので、常に全力で、常に勝負状態。あと同じことが2回以上できないという、大きな病にかかっています。

 

 

TDM
病ですか(笑)。

 

 

コトバ はい。前世の呪いかも。だから、今回の「DOOODLIN’」は9回公演なので、9パターンのU.Uが見れるんじゃないかと。でも、本当にスベらないので。ただ、リハーサルでは外すことはありますけど、ちょうど本番までに良いバランスになってて。U.Uがステージに居ると本当に心強いんですよ。すごく強いんです彼は。

 

 

hanai

TAKE
僕はHANAI君を紹介します。HANAIくんはですね、うちのメンバーで一番大きいです。あと、いろいろすごい才能を持っているというか、いろんなことをやっています。台湾、香港、中国、大阪、札幌、東京でもイベントを打っていて、世界中でもオーガナイザーとしていろいろ手腕を発揮しております。最近は映像もこなしたりだったりとか。あと、僕とは付き合いが一番長いです。一番初めに会ったのが、23年くらい前かな?僕たち高校生くらいの時に初めて会ったのを覚えてますね。地元が一緒で、練習場所が一緒だったので、そのまま友達になりました。HANAIくんはプライベートな所でもいろいろ教えてくれたりだとか、一緒に遊んだりとか。多趣味、というと一言で片付いちゃってちょっともったいないですけど、いろんな所に才能発揮してるすごい人だと、リスペクトしています。そんな人です。すごい人なんですよ。

 

 

 

bon

DOMINIQUE
BONさんはね、ELECTRIC TROUBLEとして12年くらいかな。僕はELECTRIC TROUBLEとWCO同時に入ったんですが、その時から付き合いを重ねてきたんですが・・・今まで出会った人の中で一番、仏界に居る人です。

 

 

TDM
仏界!?

 

DOMINIQUE
僕たちが今生きている世界は人間界ですね。畜生界があって飢餓界があって地獄界がある中の一番上に天界とかの、一番上の仏界っていう仏の領域があるんす。深夜12時には、いつもこの人間界のここDO‐UPという僕のスタジオに降臨してきてくれるんですけど。

 

 

全員 (笑)。

 

 

DOMINIQUE いろんなことを冷静を通り越して、ドン引きした所で物事を見ています。熱くなってしゃべっている僕に、数分後「DOMINIQUEさん、それはこうやで。」と言ってくれます。僕より年下の「仏界の民」です。

 

コトバ 公園とかで寝てたいら動物たちが寄ってきますから。

 

 

DOMINIQUE 肩にいつもチョウチョが乗ってます。

 

 

TDM (笑)。

 

 「フランスはWCO、僕にとって非常に重要なターニングポイントでした。」次のページヘ

About the author / 

tokyodancemagazine

Related Posts

Post Tab

最新イベント