01.interview, news, People

公演「Felinas」特集 西林素子×絹靴下のPiPPi ~後編~

main_2

お笑いとお色気の詰まった公演「Felinas~Cabret in a Crazy Box~」の最新作が間もなく開催される。仕掛け人・西林素子さんと、Felinasシリーズ第1作から出演しており、ショーの構成を共に考えている絹靴下のPiPPiさんにインタビューを行った。後編は、絹靴下のPiPPiさんにとってのポールダンスと、発信の場として求められる空間について。PiPPiさんも着目している通り、今後、ダンサーや表現者の発信の場は大きく変わっていくかもしれない。

 

  • unnamed (1)

    photo by Manabu Kittaka

    絹靴下のPiPPi

    クラシックバレエを学び、現在ポールダンサー、バーレスクダンサーとして日本およびアジア諸国のクラブを中心に活動。LOUIS VUITTON、 Mercedes-Benz S-Class、Don Perignon等のラグジュアリーブランドパーティーに出演。CASIO OCEANUS 10th ANNITARSARY PARTYでは出演とともにエントランスパフォーマンス演出も手掛けた。VAMPS 、Chara、大橋トリオ、 LOWBROWS等のPV出演。モデル、ポージングアドバイザー、インストラクターとしても活躍。
    http://profile.ameba.jp/pippiodoriko/

 

 

 

 

  • unnamed

    photo by Manabu Kittaka

    西林素子

    『ライオンキング』『キャバレー』などミュージカルを中心に舞台出演を重ねる。2010年に松田尚子・嶌村緒里江と共にダンスパフォーマンスプロジェクト“YakaYaka-Woka”を立ち上げ、『Ladybug』『イートラング』『CAT WALK』『MAGIC HOUR SIDE SHOW』を公演。2012年より自身のプロデュース公演を開始、『Nocturno』『Felinas ~Cabaret in a Crazy Box』(episode1、2、0、spin-off vol.1)、『CiudaDédalo』『Marionnette』『クロスハイム102』を発表。今回が9作品目となる。BUMP OF CHICKEN『ゼロ』のPVでは主演ダンサーを務める。インストラクターとしても活動中。
    motokonishibayashi.com

 

 

前編はこちら

 

絹靴下のPiPPiとポールダンス

 

TDM PiPPiさんはもともと何がきっかけでダンスを始めたんですか?

 

絹靴下のPiPPi pippi_01最初にバレエをやっていたんですが、バレリーナにはなれず、バレエをやめて4、5年くらい一切ダンスをやってなかったんです。でも、「やっぱり何かダンスしたいなあ」って思って。ストリートやジャズダンスには特に興味がわかず、社交ダンスやサルサの体験レッスンとかにも行きましたが、「楽しいけど決め手にかけるな」と思ったんです。そのときにぱっと頭に浮かんだのが、「ポールダンス」という単語でした。当時は、ポールダンスを見たこともなかったし、どんなものかも知らなかったのですが、「ダンス」とつくからにはダンスなんだろう、と。検索したら、その時、当時一つだけ教えているスタジオがあったので、行って通うようになりました。

 

TDM PiPPiさんにとってポールダンスの魅力ってどういうものですか?

 

 

絹靴下のPiPPi
photo by Kazuyuki THE GUINGUETTE by MOJA

photo by Kazuyuki THE GUINGUETTE by MOJA

この質問、こういうインタビューのときによく聞かれるんですけど、うまく答えられたことがないんです。単純に私がおもしろかったから続けてるってだけで。私がポールダンスを始めた時って、ポールダンスというものが、ストリップバーから派生してきた頃でした。だから、時代の流れもあると思うんですけど「こうでなくちゃいけない」というところが薄い段階で始めたんで、楽に取り組めました。

今みたいに「この技ができないとダメだよね」というのも別になかったですし。

 

今はポールダンスにもコンペティションがあって、色々なテクニックができあがってきてるんですけど、私は踊り子とポールとの関係性が見えたらそれでいいんじゃないかなと思っています。回転したり登ったりというのはポールダンスの特性としてやるけど、あとは別に何をやってもいんじゃないかなと。使う音楽も何でもありですしね。

 

それに、例えばジャズダンスとかバレエは、群舞が大事ですよね。そしてみんなセンターを狙う。そこはすごく狭き門なんだけど、ポールって基本的に一人でやるものだから、その辺も楽でした。

 

 

TDM
スタンスが合ったんでしょうね。今では、ポールを使ったショーを観る機会もすごく増えましたが、空間の中にポールがあると、おもしろい使い方もできるし、スリリングな感じも感じます。

 

絹靴下のPiPPi
高さもあるし見た目は派手ですからね。打ち上げ花火的なものとしてすごくわかりやすい。

 

 

会場について

 

TDM
毎回小規模の会場ですが、広いところではやらないんですか?

 

 

絹靴下のPiPPi
photo by Kazuyuki THE GUINGUETTE by MOJA

photo by Kazuyuki THE GUINGUETTE by MOJA

やっぱりキャバレーというのをテーマにしていると、会場の雰囲気って本当に大事なんです。以前の会場だったトランプルームも、今回のTHE GUINGUETTE by MOJAでも、お店の内装がそのまま舞台装置になっている。そういうところでないと、キャバレーという説得力が生まれないので、なかなか公演は難しいですよね。

 

 

西林素子 2450そして、お客様との一体感を大切にしたい。「ショーを観ている」というより、「ショーを体験している」感覚でいてもらえたら最高ですね。だからあまり大き過ぎる会場だとお客様と距離が生まれてしまう。
TDM 確かに、Felinasは大きい劇場やクラブでは出せない世界観があって、上質で品がいいと感じます。だから、好きだし安心して見ていられますし、それを毎回見たいと思わせてくれますね。

 

 

絹靴下のPiPPi ありがとうございます!とはいえ、少しでも多くのお客様にご覧頂きたいから、客席数がもっと増やせるとそれはやっぱりありがたかったり…でも今回の会場みたいな素敵な内装で、かつそこそこお客様が入る手頃な広さのお店って、ないんですよね。

 

 

西林素子
そんなわけで、”キャバレー・フェリーナス”を新規オープンしてくださるスポンサーを大募集中です!まあ、常設小屋は常設小屋で大変ですけどね…。ショーを作り続けなくてはいけないし、お客様を集め続けなくてはいけないので。

 

絹靴下のPiPPi
photo by Kazuyuki THE GUINGUETTE by MOJA

photo by Kazuyuki THE GUINGUETTE by MOJA

でも、Felinasの常設じゃないにしても、そういう場所がレンタルスペースとしてあったら、私たちだけじゃなく、ダンス界全体にも使い勝手がいいと思うんですよね。今、クラブでダンスイベントをやると、お客様がみんな立っていて、踊りがほとんど見えない。これでは、一般のお客様はダンスに興味があったとしても、観に行こうとは思えない。

 

じゃあ、座って見られる劇場で公演をやりますか!ってなると、ステージと客席が別空間でストリート感が出ないんですよね。

 

ショーが見やすくて、お客様と演者の一体感もあって、収容人数もそこそこある、いいスペースがあるといいなと思います。

 

せっかく日本には世界に誇れるようなダンサーがいるので、もしもいい場所があったら彼らが面白いイベントを頻繁に出来て、そうしたらそれを観に行こうと思う一般の人が増えて、そうこうしているうちにダンスを観に行くことがたくさんの人にとって気軽なことになっていくんじゃないかな、と。

 

TDM では、最後に、今回の見どころ・アピールポイントを教えてください!

 

 

絹靴下のPiPPi
王道です!まったく何にも考えずに楽しめます!イリュージョンにご注目ください!

 

 

西林素子
自分の知り合いが出ていないと、なかなか観に行こうと思いにくいと思うのですけれど…どうか、騙されたと思って、試しに一回足を運んでみて下さい。見逃さなくてよかった、と思って頂けるはずです!シリーズ物ですが、今回初めての方でもお楽しみ頂けます。

 

TDM 今回も楽しみにしております!今日はありがとうございました!

 

→[PICK UP]お笑いお色気盛り沢山の良質エンターテイメント!「Felinas ~Cabaret in a Crazy Box~ spin-off vol.2 THE SHOWTIME!!」

 interview by AKIKO
photo by imu

’16/04/01 UPDATE

Related Posts

Post Tab

最新イベント