news

[NEWS]東京ゲゲゲイ、第10回日本ダンスフォーラム賞受賞!!

Off 768

Update : 2016/04/06

第10回日本ダンスフォーラム賞を東京ゲゲゲイが受賞し、昨日、授賞式が都内で行われた。

「日本ダンスフォーラム賞」は、日本におけるコンテンポラリーダンスの「年間賞」として2006年に創設され今回で10回目。過去の受賞者には井出茂太、ニブロール、近藤良平、小野寺修二、勅使川原三郎、KENTARO!!、珍しいキノコ舞踊団、加賀谷香、川村美紀子などなどズバリコンテンポラリー界の重鎮たちが名を連ねている。
 
 
そこに、第10回目の受賞者として、なんと、東京ゲゲゲイが選ばれたのだ。
 
選出者である日本ダンスフォーラムのメンバーは、評論家、学者、研究者、ディレクター、プロデューサなどの複合的な舞踊関係者ら14名によって構成。今回の受賞について、「逆に言えば、コンテンポラリーの衰退を表す結果でもある」とメンバーの一人、石井達朗氏は述べた。
 
 
同じくメンバーの1人、楫屋一之氏は、東京ゲゲゲイの授賞理由として、「ストリートダンスにはバトルやコンテストだけでなく、”ドラマティック・ストリートダンス”とでも呼ぶべき表現が顕れた。」「その代表的な東京ゲゲゲイには現在芸術が見失いかけた、日常性を粉砕し観賞者を痙攣させる様な力がある」と記している。
 
 
昨年の「DANCE DANCE ASIA -Crossing the Movements」での国内外の公演や、「ASTERISK~女神の光~」をはじめ、2015年度に我々を魅了し続けてくれた数々のキテレツメンタルワールドな活動実績が認められての栄えある受賞!ストリートダンス界からの受賞は快挙と言える。
 
 
同時受賞には俳優としても活躍している森山未来。特別賞には舞踏家として知られる室伏鴻。ボーダレスになっていくダンス界の未来に期待の高まる授賞式となった。
 
 
受賞したMIKEYは「最初は、知らない賞なので断ろうと思いましたが、周りの方々が喜んでくださったので、受賞して良かったなと思います。」とMIKEYらしい素直な感想を語った。
 
5月には東京国際フォーラムにて、MIKEY演出・振付の「ASTERISK~Goodbye, Snow White~」新釈・白雪姫の開催が決定。 
これからも東京ゲゲゲイから、目が離せない。
text by imu

About the author / 

tokyodancemagazine

Related Posts

Post Tab

最新イベント