02.pickup events, news

劇団鹿殺し 三年ぶりの新作本公演「傷だらけのカバディ」東京・大阪公演

Off 1453

Editor: TDM staff   Update:2019/11/04

劇団で舞台を作ることの意味を問い続けた三年、
旗揚げ時のように飢えた劇団鹿殺しがついに始動!
2020年、東京オリンピック。正式種目となった男子カバディ。
日本代表チームは話題をさらい一世風靡するも、一人の選手のミスによって日本国民を落胆させた。
これは、彼らと僕らの傷と再生の物語である。

STORY
2030年、外国人が多くたむろする田舎町で再会したのは、元日本代表男子カバディチームの面々。彼らは幼馴染であり、2020年の東京オリンピックで男子カバディが正式種目になると聞き、冴えない人生を変えるために一念発起、見事に日本代表となって東京オリンピックで大活躍したのだ。しかし、一人の選手のミスによって日本国民を落胆させてしまった。再会と共に燃え始める苦い思い出と熱い心。10年前の傷を乗り越え、再び栄光を求めて立ち上がる。

カバディとは
インドの国技。1チーム7人の2組が攻撃側と守備側に分かれ、攻撃側の一人が「カバディ」と息継ぎをせずに連呼しながら、息の続く限り守備側の体や手にタッチし、守備側はタックルなどで妨害する。触れた人の数が得点になる。前後半20分で行われる不可思議な競技である。

タイトル傷だらけのカバディ
日程・会場【東京公演】11月21日(木)~12月1日(日) あうるすぽっと
【大阪公演】12月5日(木)~12月8日(日) ABCホール
料金(税込)一般:5,900円 ※前売・当日共
ヤング券(U-22):3,500円

※ヤング券は引換券となります。
当日開演の60分前より受付にて指定席券とお引換え下さい。
連席をご用意できない場合がございます。予めご了承下さい。
出演
丸尾丸一郎
菜月チョビ
オレノグラフィティ
橘輝
鷺沼恵美子
浅野康之
峰ゆとり
近藤茶
有田あん
椙山さと美
メガマスミ
長瀬絹也
金子大樹
内藤ぶり
藤綾近
前川ゆう
小澤亮太
伊藤今人(梅棒/ゲキバカ)
椎名鯛造

スタッフ
作: 丸尾丸一郎
演出: 菜月チョビ
音楽: オレノグラフィティ
公演ホームページhttp://shika564.com/2019/

「クラブ・ダンス・イベント・スタジオ情報などを、Newsに掲載させたい!」という方は、編集部まで情報をお寄せ下さい。詳しくはこちら

About the author / 

tokyodancemagazine

Related Posts

Post Tab

最新イベント