news, People

エアリアルスタジオMission STAGE ONE特集 KAERU~後編~

Off 1964

B-GIRLの第一世代を築いたKAERU。今では、エアリアルダンサーとして活躍している彼女のたくましく、ROCKなこれまでを語ってもらった。2016年8月に渋谷にオープンするエアリアルスタジオMission STAGE ONEには、彼女の指導のもと、きっと多くのダンス魂を持ったアーティストが集う場所になるだろう。これからのダンス×空中パフォーマンスとの相乗にも期待したい。インタビュー後編は、エアリアルとの出会い、そして、新たな挑戦、未来について語ってもらった。

 

  • KAERU

kaeru1幼少期6歳で器械体操に触れ、日本体育大学 体育学科を卒業。卒業後、代々木にあるブロードウェイダンスセンターにてJAZZダンスを習得。ニューヨーク公演のメンバーとして出演する。同時に、HIP HOPやBREAKINGを学び、ROCK STEADY CREW JAPANのメンバーとして活動。また、原田薫、石川浩子とともにHIP HOP JAZZスタイルを確立したダンスグループAh-puを結成。その後、ケガを理由にダンスを離れたものの、空中パフォーマンスであるエアリアルに出会い、浜崎あゆみのライブパフォーマーとして活躍。パフォーマーとしての一線を退いたのち、エアリアルパフォーマー育成のため、INSPA洗足池にてスタジオを設け、エアリアルパフォーマーの排出と、独自の「エアリアルダンス」を開発。輩出したパフォーマーは、シルク・ドゥ・ソレイユ登録パフォーマーや、サンリオピューロランド、浜崎あゆみライブステージなどで活躍をし、高い評価を得ているとともに、国内外で活躍するエアリアルパフォーマーから絶大な信頼と支持を得ている。
2016年8月活動の場所を渋谷MISSIONに移し、より多くのエアリアルパフォーマー活躍の場を広げるため”Kaeru Project”が始動する。

 

 

インタビュー前編に戻る

 

「楽に空中でブレイキンができるかもしれない。」

 

KAERU 私の感覚ではエアリアルはヒップホップの延長線でしかない。自分の得意なことを用いて何かを生み出すことがヒップホップというのはいろんな人から教わったから、それと何らかわりないことをただやっている。自分の道具は自分で用意して自分で作る。自分で生んでいく。それをそのまま空中に持って行っただけ。でも、教えたりしていると、そういう感覚を共有できる子というのは、10年間やっても、やっぱ少ないんだよね。

 

 

 

TDM もともとストリートダンス経験のある生徒さんはいらっしゃいますか?

 

 

KAERU 少ないけどいる。だけど、女の子だから結婚や出産でなかなかね。やっぱりダンスの感性を持っている人が、空中に行くことが見たいと思うんだけど、でも、なかなかうまくいかないのね。私のB-GIRL時代を知らない人も結構多いと思う。

 

 

 

TDM じゃ、なかなか「ここはウィンドミルに入るような感じで」というような指導はできないですね。

 

 

KAERU
あ、するよ。実際、日本で定番になっているエアリアルの動きって、私が生みだしたものとかも結構あるんだよね。いわゆる海外でのサーカス文化のエアリアルとは、だいぶ違う。だから、外人さんの方がフレッシュに感じて食いついてきてくれる。今、香港から熱烈に私に会いに来てくれる子が1人いるんだけど、去年4回習いに来たよね。

 

 

TDM
どうやってKAERUさんを知ったんでしょうか?

 

 

KAERU
出会いもたまたまで、香港でポールダンスの大会があって、その男の子が出ていて、そこに日本人の子も2人くらい出ていて、私がエアリアルを教えてるスタジオのINSPAにその子を連れて来てくれた。私が練習していたら、キラキラした目で見始めて、「僕はKAERU先生に習いたい」と言ってくれて、それからだね。

 

 

TDM
やっとここからエアリアルの話になりますね(笑)。転向したきっかけは?

 

 

KAERU p02短縮して話すと、怪我しすぎて地上で踊るのには不都合が多い体になっちゃったの。今考えるとすごくバカだし、怪我をしないのが本当は上手なダンサーなんだろうなと思うんだけど。それで、もうダンスをやめようかなと思ったんだよね。それで、ぐれた時期があったの。人間の1番最低のところまで落ちた感じ。踊れば踊るほど、どこかを気にしながら動いている自分がもう嫌になっちゃって。「ダメだ、もう引退だ」と思ったのが30歳くらいか。それから、まったくダンスから離れた期間がちょっとあった。 

夜出歩くのも、知り合いがいるところに行くことも、スパッとやめた。だけど、いい感じの音楽がかかるこじんまりしたソウルバーに通い始め、そこで出会ったミュージシャンの人とか、カメラマンの人とか、ライターさんとか、そういう人の話を聞けるのが楽しかった。やっぱりダンス脳だったからだね。

 

ダンスの仕事も全部断ってたんだけど、異業種の人と話してた時に、「お前は何を言っているんだ。そうやって依頼が来ることだけでありがたいと思って全部やらないとダメだよ。」と怒ってくれた人がいた。「そんな恵まれた条件で、そんなふうに声がかかること自体が奇跡なんだから。」と。それで、「わかった!次に何かの仕事の依頼が来たら絶対やる!」と飲みながら言って、次に来た話が浜崎あゆみだったの。しかも、その時の条件が、空中パフォーマンスやアクロバットができる女のダンサーという条件だったのね。まだ、当時、全然空中パフォーマンスはやったことがなかった。

 

でも、ぐれている時期とは言え、リハビリという感じで体を整えようと思ってWINGで小林先生のバレエだけはやっていたの。だから、ストリートダンスとかヒップホップの世界から離れたけど、WINGの小林先生に救われ、WINGのスタジオの受付のアルバイトをやってたんだよね。そうしながらバレエとか、モダンとか、HIPのみつえちゃんのクラスとか受けてた。やっぱ体を動かすのが好きだから。

 

TDM エアリアルは誰から習ったんですか?

 

 

KAERU あゆちゃんの現場で最初にやったのはワイヤー。ハーネスでクルクル回転することをやってと言われたの。エンジェルの格好をして「飛びまーす」みたいな感じでやってた。何年かやってるうちに、シルク・ドゥ・ソレイユみたいなショーにしたいという考えがあったみたいで、どんどん要求がエスカレートしていった。その前に、シルク・ドゥ・ソレイユの『キダム』でエアリアルシルクを観て「すごい。絶対できない。」と思ったんだよね。だから、やろうとも思わなかった。体操やってたから、見ただけでどれだけすごいことをやっているかわかるからさ。今でもその時のキダムのエアリアルシルクをやっていたイザベラさんは、私のエアリアルのナンバーワン。今でも世界一だな。やっぱイザ様はすごいのよ。 

それと同時に、私の大学の先輩の若井田久美子さんが錦糸町にジムを作るというので誘ってくれて、初めてティシューを触った。そしたら、想像と違ったんだよね。「あれ?これは空中で踊れるかもしれない」と思った。地上で支点の作り方とか、バランスの取り方とか、地上でさんざんやって来ているから、それがすごく楽にできるアイテムでしかなった。「むしろこんなに楽にできちゃうー!」という感動だった。

 

すごく大変なんだろうなって想像してたのに、「楽に空中でブレイキンができるかもしれない。」と思ったのがスタート。だからCHINOとかにすぐ電話したもん。「やばいのと出会っちゃった。私、空中で踊れるアイテムに出会っちゃったから、そっちで頑張るから。じゃあねバイバイ!」って(笑)。

 

 

TDM
実際ブレイキンをやってた、体の抜きだったりこなしというのが、エアリアルのこなしに共通して使っているのは、KAERUさんの演技で多いんですか?

 

 

KAERU
多い。ほぼだよ!

 

 

TDM じゃあもしそれを、男性が「この感覚でやってみて」ってやったらやれる子多くなりそう?

 

KAERU できる。だから体操選手よりB-BOYの方がエアリアルの会得は速いと思う。

 

 

TDM そう考えたら細身のB-BOYにはいいですね。

 

 

KAERU 絶対いい。グニョグニョ系のBBOY。海外ではちょっと特異体質系な男の人がエアリアルやっていたりするんだよね。そういうのって面白いもん。 

空中でブレイキンができるってすごくワクワクした。上まで登らないで下で適当にぐるぐる巻いて、少し頭浮かした状態でヘッドスピンをブンブン回ってた。私は1回でできたんだけど、それは地上でやって経験があったからで、一般の方は一回じゃできなかった。

 

 

 

TDM すぐにはできないでしょうね(笑)。 

 

 

KAERU
それに気づくのに結構時間がかかった(笑)。しかも、「KAERUさんそれは一般の人は、普通はできない」と生徒さんに言われて、「は!そっか。じゃあ、これだったらできるの?」って、逆に教わってる感じ。できない人にどう教えるかというのを生徒さんから習ってる。

 

 

TDM
その教育法もたぶん第一人者だからでしょうね。今、KAERUさん流にやっているのが、誰もやったことない。お手本がいない、独学の開拓の先駆者ですね。生徒さんにアンケートを取るのはいいと思いますよ。 ムキムキなエアリアルダンサーって見ないので、インナーマッスルを使ってるんだろうなと思うのですが、筋トレはやりますか?

 

 

KAERU 筋トレはガンガンやらずに、いかにねじっていくか。そして、筋肉全部を使い切る感覚。筋力を使って体を持ち上げるのではなく、骨を意識するやり方で浮いていくように使うこと、というのを今も研究中。その使い方をやっていたから、病気でブランクとかあってもできちゃうんだよね。だから、私が病気だってみんな忘れてるよ(笑)。でも、実践で仕事レベルにエアリアルをやっていけるという子が少ないんだよね。

 

TDM 誰もが育たないってことですね。頑張ってもそこまでのレベルにいかない。

 

 

KAERU p05  仕事でも安全面でも万が一、があってはいけない。そこに責任を持てる子じゃないといけない。性格的なこともあるし。仕事をきっちり責任持ってできる子じゃないとダメだし、そこを任せられるレベルにまで持って行くには年間計画でやっていかないと、ちょっと厳しいかな。 

海外だとナショナルサーカス学校とか、国立のサーカス学校があって、そこでしかるべき教育を何年か受けて、ハード面の勉強までしっかりして、その中からふるいにかけられた人だけがプロとしてできるようになる。そういう仕組みが海外はあるけど、日本はないから、どこか甘えん坊になっちゃう。だからこそ、B-GIRLみたいな気質を持っている子たちがどんどん来てくれるといいよね。

 

男の子はティシューじゃない方が、私はかっこいいと思うんだよね。ロープとかストラップとか。いろんなアイテムがあるから、エアリアルのパフォーマンスの中でも、その体に合ったものを使った方がかっこいいかなって思う。もちろん、ティシューでもいいんだけど、布が柔らかいから。だから修平ちゃんみたいな、ああいうしなやかな体を持っているような男性だったら向いてるかもね。

 

■エアリアルの未来を担うスタジオ

 

TDM
私個人は、舞台の空間も使えるのはやっぱ大事だなと思っています。最近では男性のポールダンサー増えてきましたよね。

 

 

KAERU
多いね。香港の子も男性で、感覚は繊細で女性的な人の方がはまりやすいのかもね。私がエアリアルにダンサーの男の子を誘ってみるんだけど、やっぱり美意識高いんだよね。「自分が空中に浮かんだときに美しく見えるとは思えない」とか。でも、それは私が最初「絶対あんなの無理」とキダムの映像観て思ったのと一緒で、実際にやってみたら「お!」というのが見つかるかもしれないのに、とは思う。

 

 

TDM 先程も名前のでてきた、洗足駅のINSPAが6月いっぱいでおしまいになってしまいましたが、8月より、STUDIO MISSIONの地下にSTAGE1というスペースがあって、エアリアルの練習場ができます。そこはショーの本番もできるような設備にもなっています。それでエアリアルの才能が増えていくことが期待されますね。

 

KAERU p06INSPAはトラス立てるとこから始めたスタジオでした。ちょうど6年。やっと去年5年たって、少し「あ、ちょっと軌道に乗ってきたな」という感覚を持っていたから、じゃあ今年はもう1つ何かやってみようと思っていた矢先にINSPAがクローズという話を聞いて。 

すごく、落ち込んでいた時に、MISSIONの話をもらって、下見に行ったら、興奮しちゃって大変だった!タイミングがすごいよ。昨日INSPAに来てくれる子と話しながら泣いたよ。「KAERUさんよかったねえ」ってみんな泣いちゃって。私が一番泣いた。家でざーざー泣いてたもん。こんなどうしようみたいな。MISSIONにはスタジオがめちゃくちゃあるよね。渋谷ですごいよね。あそこ、エアリアルすごいいい感じになっちゃうと思う。だって鏡もついてたもんね!

 

 

 

 

TDM INSPAは鏡なしだったんですか?

 

 

KAERU
あったけど、ちっちゃい部屋に置くような鏡が1個あって、それをみんなで移動させて使ってた。でも、MISSIONにはもう鏡があった!そこでもうすでに感動。さらに、天井で感動。高い!!

 

TDM
6~7mはあると言ってましたからね。ティシューは4本設置されます! アクロバットがすごいのはわかるけども、KAERUさんが作っていただける、空中でブレイキンやっちゃう女の子みたいなエアリアルが作っていける体制も含めてこれからぜひ考えていきたいですね。ストリートダンサー、エアリアルダンサー分け隔てなく、ダンサーみんなで共存できる感覚。ちゃんとやるべきことをやっていきながら、仕組みやりながらちゃんとしたショーまで含めていろいろ空間使って。MISSIONでいいエアリアルショー世界に発信していきたいですね。

 

 

KAERU p07INSPAがクローズするということは、本当に残念で悲しい出来事でしたが、Missionに出会うために通るべき道だったように持っています。今はとてもわくわくしていて、エアリアルの未来が楽しみです。渋谷を、エアリアルの町にしてしまうぞ!!くらいの気持ちではりきってやっていくつもりです。たくさんの方々がエアリアルに挑戦できるスタジオ、エアリアルパラダイスにしていきたいと思います。

 

TDM 今日はありがとうございました!!

 

 

インタビュー前編に戻る

 interview & photo by AKIKO & imu

’16/07/28 UPDATE

About the author / 

tokyodancemagazine

Related Posts

Post Tab

最新イベント