02.pickup events, news

第二弾ゲスト出演者発表Dance Dance Dance @ YOKOHAMA 2021にBLUE TOKYOやMiyuなどの出演が決定!観覧無料で楽しめるダンスステージ「横浜ダンスパラダイス」

Off 2417

Editor: TDM staff   Update:2021/08/12

7月22日(木・祝)から10月16日(土)までの約3か月間の週末を中心に開催中の市民公募ダンサーによる観覧無料のダンスステージ「横浜ダンスパラダイス」の後期に出演するゲストが発表されました。世界初の男子新体操×ストリートダンスプロユニットBLUE TOKYOや世界で活躍するハウスダンサーMiyuなどが出演します!
出演日時・場所・内容・出演ゲスト・プロフィール等

●9月4日(土)14:00~

クイーンズスクエア横浜 1F クイーンズサークル
ayumugugu、 BOXER、 tenpachi、 yurinasiaが繰り広げるセッション。

ayumugugu、 BOXER、 tenpachi、 yurinasia ほか
ストリート、 ハウス、 ブレイキン…それぞれのジャンルで異彩を放つ、 注目のダンサーによるスペシャルステージ。
彼らがステージで生み出す空気感は観客を高揚させ、 空間を震わせる。
師事する若手ダンサーも多数出演。
思わず自分も身体を揺らしたくなる熱いセッションは必見!

●9月4日(土)13:00~/15:10~
クイーンズスクエア横浜 1F クイーンズサークル
日本発祥競技である男子新体操と現代日本のストリートダンスを融合して魅せる、 唯一無二のエンターテイメントショー。

BLUE TOKYO
「青森から全国、 そして世界へ」の志と、 アスリートとして魂を育んだ青森県の 「青(BLUE)」を胸に、 2010年に結成し世界での活躍を目指し「東京(TOKYO)」に活動拠点を置く。 所属メンバーは13名。 青森大学・青森山田高校男子新体操部出身のアクロバットプロパフォーマンスユニット。 Cirque du Soleilメンバーとして出演するメンバーも在籍。 個人、 グループとして国内アーティストのサポートパフォーマーや舞台公演、 海外公演、 企業イベントなど多方面で活躍中。 2017年2月青森市観光大使として任命。 2017年 WORLD OF DANCE ラスベガス大会優勝。 America’s Got Talent season 13 出演。 Italy「Tu Si Que Vales」出演。
オフィシャルサイト
http://bluetokyo.jp/

●9月11日(土)15:50~
MARK IS みなとみらい 1F グランドガレリア
「タップ×音楽×ダンスの本質的コラボレート」をコンセプトに活動する清水夏生が、 田中葵(ピアノ)、 一丸聡子(パーカッション)、 飯島奏人(チェロ)と出演。

清水 夏生
7歳よりタップダンスを始め火口ひろ子、 HIDEBOHらに師事。 北野武監督作品『座頭市』や、 舞台『Super Dance Premium 2008』など多くの舞台・イベント・TV番組で若手のホープとして活躍する。 フランス留学を経てタップの新たな可能性を見出し、 持ち前の世界トップレベルと評されるテクニック&光速ステップを武器に、 「タップ×音楽×ダンスの本質的コラボレート」をコンセプトに活動を展開。 自身の最大の強みである足元の技術に満足することなく、 より高い音楽性とダンス的表現力にこだわった、 前人未到の TAP スタイルを追求している。

●9月11日(土)16:20~
元町ショッピングストリート
バレエ×歌×POiNTオリジナルストーリー×テクノロジーを組み合わせた、 新しいエンターテイメントショー。

POiNT
幼少期からバレエを踊り続けてきた、 ARISA・MIKU・MOEの3人で結成されたバレエヴォーカルユニット。 ”クラシックバレエをもっと身近に”という思いから、 バレエをより親しみやすくした新しいエンターテイメントの形「21世紀バレエアート」を発信するべく、 アート、 テクノロジー、 ファッションを中心に様々な場所で活躍中。

●9月19日(日)13:00~
クイーンズスクエア横浜 1F クイーンズサークル
大前光市プロデュースステージとして、 かんばらけんた、 さとうあい、 キャロットよしえ、 萬木信也、 齊藤令奈、 光陽師想真が出演。

大前 光市
交通事故で左足を失った義足のダンサー。
しながわ2020スポーツ大使、 東京2020聖火ランナーを務め、 岐阜県芸術文化奨励賞など受賞歴多数。
リオデジャネイロパラリンピック閉会式、 紅白歌合戦にて平井堅と共演、 ラスベガスにてJABBA WOCKEEZ「jreamz」に出演など国内外の舞台だけでなくテレビ、 CM、 ラジオ、 GQなどのファッション雑誌などメディアへの出演も多い。 著書に学研プラス「ぼくらしくおどる」

●9月19日(日)15:50~
ランドマークプラザ 1F サカタのタネ ガーデンスクエア
藤間流の女流日本舞踊家パフォーマンスグループ「Okuni」の3人によるステージ。

Okuni
<Okuni>は、 東京、 横浜を中心に活動する女流日本舞踊家によるパフォーマンスグループです。 国内外のコンクールで入賞している実力派メンバーが、 三味線音楽からJ-POPまで、 多彩なジャンルの音楽に合わせ、 華やかで楽しい作品を上演。 他ジャンルとのコラボレーションやワークショップにも積極的に取り組み、 多くの観客を魅了しています。

●9月23日(木・祝)13:20~/15:50~
たまプラーザ テラス ゲートプラザ 1F フェスティバルコート
足音で奏でるエンターテイメント!タップダンスをショーンと一緒に楽しもう!

イギリスのアードマン・アニメーションズ製作のクレイ・アニメーション。 ショーンと仲間たちが繰り広げるドタバタコメディである本作品は、 母国イギリスを飛び出して、 今や世界 170 ヶ国で愛されています。 発明家のウォレスと忠犬グルミットによる大ヒットコメディー『ウォレスとグルミット、 危機一髪!』 (1995年/英) に初登場したひつじのキャラクターがショーンです。 人気が出たショーンを主人公にしたスピンオフ作品として「ひつじのショーン」 (2007年/英)が放送を開始しました。

●9月25日(土)13:00~/15:00~
日産 グローバル本社ギャラリー
ロサンゼルスで行われたダンス世界大会で、 二連覇という快挙を成し遂げた女性ダンスチームFabulous Sistersによるパフォーマンスショー。

Fabulous Sisters
Ruuによって構成され、 そのダイナミックな振りと構成力、 溢れ出すパッションでロサンゼルスで開催された世界大会『WORLD OF DANCE』で2016年、 2017年と2年連続優勝し世界一に。 各ダンサーはそれぞれ多くのコンテストで目覚ましい結果を残し続けるスーパーダンスクルー。

●9月26日(日)16:00~
横浜市役所アトリウム
東京2020オリンピック開会式にも出演した世界的タップダンサー熊谷和徳によるソロパフォーマンス。

熊谷 和徳
1977年3月30日生まれ、 宮城県出身。 15歳でタップをはじめ19歳で渡米。 2006年には米ダンスマガジン誌より 「世界で観るべきダンサー25人」、 2016年にはNYにてBessie Awardを受賞。 また2019年版 ニューズウィーク誌が発表した「世界が尊敬する日本人100人」にも選出される。 NYと日本を2大拠点とし世界各地に活動の場を広げ、 ダンスの分野に限らず音楽シーンにおいて上原ひろみ、 日野皓正、 Omar Sosa等と革命的セッションを提示。 唯一無二のアートは日々進化し、 タップダンスの未来を創造している。

●9月26日(日)13:00~
ららぽーと横浜 セントラルガーデン KiLaLa
世界的ハウスダンサーMiyuが市ケ尾高校ダンス部にWS兼振付指導を行い、 その成果を発表する特別ステージ。

Miyu
今最も注目されているZ世代ダンサー。
8歳から本格的にダンスを始め、 2017年、 パリで開催された世界最高峰のダンスバトル「JUSTE DEBOUT 2017 WORLD FINAL」HOUSE部門で師匠と共に優勝し、 19歳にして世界一の称号を手にするなど国内外のバトルで優勝多数。 より多くの方々にダンスの魅力を知ってもらうため、 モデルなど活躍の場を広げている。
SNSでは「#高速ステップ」が世界中で大反響。
オフィシャルサイト
https://miyudance.tokyo/
Instagram(@miyudance_)

市ケ尾高校ダンス部
『”これぞ高校生”といった元気さと華やかさを特徴とするダンス部。 生徒だけで作り上げるエンターテイメント性の高い作品で、 東日本大会優秀賞、 全国大会4年連続出場など、 コンテストでも高い成績を残す。 また、 横浜開港祭や聖火リレーステージへのゲスト出演など、 イベント出演でも神奈川県の代表として活躍し、 学校の部活動として地域社会へ貢献することをモットーとしている。 』

●10月16日(土)
グランモール公園 美術の広場
踊るモットーは【楽しく】を軸に、 ダンスを通じて表現の可能性を模索する太めパフォーマンスによるダンスステージ。

太めパフォーマンス
2009 年「太めパフォーマンス」結成。
踊るモットーは【楽しく】。 特殊な身体性を武器に、 物事の価値観を破壊する表現を追求している。
2012 年より拠点を福岡に移す。 福岡で作品を制作しながら、 国内外のダンスフェスティバルから居酒屋までお呼びがかかれば何処でも赴き、 作品を発表している。 2019 年には活動 10 周年を迎え、 御礼まわりツアーを実施。
福岡ダンスフリンジフェスティバル vol.11 観客賞受賞。 横浜ダンスコレクション 2019 奨励賞受賞。

●10月16日(土)
グランモール公園 美術の広場
【フィナーレプログラム】
近藤良平振付によるオリジナルダンス「レッド・シューズ」をみんなで一緒に踊るフィナーレスペシャルプログラム!それまでのステージに出演したダンサーや観覧者みんなを巻き込んだ特別ステージ。

近藤 良平
コンドルズ主宰。 ペルー、 チリ、 アルゼンチン育ち。 第67回選奨文部科学大臣賞受賞。 第4回朝日舞台芸術賞寺山修司賞受賞。 第67回横浜文化賞受賞。
NHK教育『からだであそぼ』、 NHK総合『サラリーマンNEO』などで振付出演、 NHK連続テレビ小説『てっぱん』オープニング振付、 NHK大河ドラマ『いだてん』ダンス指導など、 映画・TV・PV・CMで振付多数。
2021年4月、 彩の国さいたま芸術劇場次期芸術監督に就任。

<横浜ダンスパラダイス 後期開催スケジュール一覧表>

※開催時間は会場により異なりますので、 詳細は横浜ダンスパラダイス公式サイト( https://paradise.dance-yokohama.jp/ )でご確認ください。
※屋外会場については雨天・荒天時は開催中止となります。
※コロナ感染症対策を行いながら開催します。

「クラブ・ダンス・イベント・スタジオ情報などを、Newsに掲載させたい!」という方は、編集部まで情報をお寄せ下さい。詳しくはこちら

About the author / 

tokyodancemagazine

Related Posts


Post Tab

最新イベント