MAIN TENT

[MAIN TENT]まよなかのパーティー

maintent_main_tommidnight2

Editor: CHITO   Update:2015/09/20

 「MAIN TENT」の店主が、舞台作品を創作する上で核となる「演出」のヒントを、蔵書5,000冊の絵本や児童書からご紹介。絵描きでもある店主直筆のラフスケッチによって、ステージのイメージや、シーンのイメージなど、インスピレーションのきっかけを提供。アイデアの源、わかりやすい起承転結から、予想外のひねりの効いた作品まで、創作に興味のあるダンサーの心をくすぐるコーナーのはじまりです☆

***

「まよなかのパーティー」

まよなかのパーティー

ダンサーが興味を惹かれそうなこの素敵なタイトル

児童文学の名作「トムは真夜中の庭で」のフィリパ・ピアス氏による短編だ

この物語にはドラゴンも出て来なければ

悪い魔法使いもいないし

言葉をしゃべるウサギだって出てきやしない

けれども

ごく普通の家の中で起きるたった一晩の出来事に

ハラハラし

そうだよね

あるある

と共感し

至る所にささやかに張り巡らされた伏線が

次々に回収され

これがこうでこうなったから…

成る程こうなるんだ

と納得する

まるでピタゴラスイッチのように

最後にスカッと爽快な気分にさせられる

起承転結の完璧なエンターテイメントのお手本のような作品

 

ではまずセットから

この作品

一つの家の中で全てが展開

そしてそれぞれの部屋の位置が

ストーリーの展開上そこになくてはならない場所に配置されいる

ということで

まずはセット図面を

chito_150805

 

そして物語へのいざないは一匹のハエ

「まよなかに一ぴきのハエがチャーリーを起こした」

こんな一文から物語は始まる

 

M1 暗闇を飛び回るハエとベッドの上で格闘するチャーリー少年

ハエの羽音でのコンテンポラリーなソロが似合いそう(僕の勝手な配役では  熊谷拓明 君で見てみたい!)

薄いサスを入れるか

SSで見せるか

紗幕越しのシルエットでもよいな

セットはベッド一つかな

と想像が膨らむ

 

そして羽音がすっと消え

ハエが耳の中に⁈

暗転

 

導入は完璧

さてそこからの流れをざっと説明すると

→慌てて隣の部屋のマーガレットを起こしに行くが…

何故かマーガレットのベッドはもぬけの殻で…→

→両親の寝室へ

ハエなんか入っていないよ

早く寝なさい(伏線1)→

一階のキッチンに水を飲みに行くと…→

マーガレットと犬のフロスがそこに!→

こっそりミルクを温めるが焦がし…→

回した換気扇の上は妹のアリソンの部屋なので…→

ついに末っ子のウィルソンも参加し兄妹全員でポテトケーキをたいらげることに…

そして

物心がまだついていない

お喋りな末っ子対策に

兄弟は傘や帽子や毛布を使った壮大な作戦

名付けて

真夜中のパーティーを開く!

 

象の絵

 

このパーティーシーン

zatoichi

引用元:http://katsudo.exblog.jp/23302913/

座頭市のタップや

pinkelephant

引用元:http://blog.jami-ru.com/?eid=855943

ダンボのピンクの象の行進

cancandance

引用元:http://thimbleuponyourindex.tumblr.com/post/307341811/moulin-rouge-by-baz-luhrmann

ムーランルージュのカンカンのような

いわゆる華のシーン

 

ダンサー冥利につきる盛大な場面になること請け合い

しかも10人の演出家がいれは

10通りの全く違う表現の仕方になるに違いない自由度

衣装も音楽も全て

想像力の働かせどころ

自分の脳内で日々ひらかれるパーティーを

ここぞとばかりにアウトプットして欲しいシーン

 

あとは翌朝のスカッとした締めでお話はおしまい

是非ともどなたか

舞台化してみて下さい

「真夜中のパーティー」

chito a.k.a.フランソワバチスト氏がご紹介しました

 

S__9019408【CHITO】
冨樫チト。本名である。フランス童話「みどりのゆび」のチト少年にちなんで両親から命名される。富士の裾野の大自然の中、植物画と読書と空想の幼少期を過ごす。
早稲田大学在学時よりプロダンサーとしての活動を開始。
舞台演出、振付け、インストラクター、バックダンサーなど、踊りに関わる全てに携わる傍ら、持ち前の遊び心で、空間演出、デザイナー、リゾートホテルのライブラリーの選書、壁画の製作、ライブペイントによる3Dトリックアートの製作など、無数のわらじを履く。
2015年2月、フランソワ・バチスト氏として、住まいのある吉祥寺に絵本児童書専門古書店、「MAIN TENT」をオープン。
氏の部屋をそのまま移動させた小さな絵本屋から、エンターテインメントを発信している。

Related Posts

Post Tab

最新イベント