02.pickup events, news

踊る『熊谷拓明』カンパニー新作ダンス劇「舐める、床。」

Off 1946

Editor: TDM staff   Update:2020/10/25

本作では、カンパニー初のオーディションを行いキャスティング、これまでのクリエーションの幅を広げます。美術・照明を物語に組み込みながらシンガーソングライターの楽曲で作り出す、身体性の高いダンサーと共に挑む意欲作です。誰もが感じたことのある生きづらさ、多様性を受け入れてもらえない苦しみを上記の手法を用い作品を発表してきました。緩やかにカジュアルに社会を見つめた独自のスタイルを確立しています。独特の感性で紡ぎ出す台詞と、独創的な振付で物語を繰り広げ、本作では「愛」をテーマに新作を発表します。ご期待ください。


そっと離れてあなたのその幸せを大切にしてあげて。
それはきっと誰も悪くないし、誰も悲しい事じゃないから。

いつしか人たちは考える事をやめてしまいました。
いや、考えることを恐れるようになったのでしょうか?
他人の意見と感情に、必要以上に耳を澄ませて自分の心を思いやる余裕がなくなったのでしょう。
8人が集まるのは、そんな人たちの心が生んだガラスの部屋。
自分の形を人の言葉で知り、一喜一憂する日々。
そんな日々に心が馴染まない男は、オブラートに包まれた自分の『本当』に向かって歩き出す。
しかし『本当』を剥き出しに出来ない事がガラスの部屋の住人の誤解を招き、少しずつ軋むガラスの部屋は、いつしか幸せと、愛をやさしく剥き出す。

 

 

公演名舐める、床。
会場あうるすぽっと
日時12月10日(木)19:30
12月11日(金)14:30/19:30
12月12日(土)13:30/19:30
12月13日(日)12:30/16:30
※ホワイエ開場は開演の60分前 客席開場は開演の30分前予定
料金3,000円 ~ 4,500円
【発売日】2020/10/25
・一般 4,500円
・U24(24歳以下)3,000円 ※1
・障害者割引 3,500円 ※2

※未就学児のご入場はご遠慮ください 
※車イスでご来場・補助犬をお連れのお客様は事前にお問合せ・ご予約ください
※1 入場時に学生証・年齢確認証要提示
※2 障害者割引は介助者1名まで同額/障害者手帳要提示
※U24・障害者割引は踊る「熊谷拓明」カンパニーのみ取扱い。お問合せ先でご予約ください。
出演松田尚子
原田茶飯事
岡本優
東出宜子
原佑介
稲葉由佳利
福島玖宇也
熊谷拓明
スタッフ作・演出・振付:熊谷拓明 
美術:上領大祐
照明:山口明子 (Theatre Kanpany)
音楽・音響:余田崇徳 
衣装:山田いずみ 
楽曲提供:原田茶飯事
演出助手:久世孝臣
舞台監督:菅隆司(Theatre Kanpany)

宣伝美術:菅原麻衣子(ycoment)
宣伝写真:川面健吾
宣伝スタイリング:鶴田剛郎・早苗(eofm)

映像収録・編集:飯野哲郎(ycoment)
​記録写真:大洞博靖

当日運営:水谷亮子
制作助手:よしよしこ  
制作協力:ycoment

企画制作・主催:踊る「熊谷拓明」カンパニー
​​助成:公益財団法人東京都歴史文化財団アーツカウンシル東京
公式サイトhttps://www.odokuma.com/nameru-yuka

「クラブ・ダンス・イベント・スタジオ情報などを、Newsに掲載させたい!」という方は、編集部まで情報をお寄せ下さい。詳しくはこちら

About the author / 

tokyodancemagazine

Related Posts

Post Tab

最新イベント