02.pickup events, news

森山開次×ひびのこづえ×川瀬浩介 「LIVE BONE in 春秋座」

Off 3088

Photo: 上原勇

 

日時:2022年8月21日(日)13:15開場 14:00開演

会場:京都芸術劇場 春秋座

料金:一般 4,000円 友の会 3,600円 学生&ユース 2,000円 こども(中学生以下) 1,000円
※学生・ユースは要証明書提示
※未就学児膝上入場可。
0歳から入場いただけます。

公演情報https://k-pac.org/events/6065/?cn-reloaded=1

 

こども も おとな も ココロ が オドル

NHK教育テレビ『からだであそぼ』の伝説コーナー「踊る内臓」強力タッグによる『LIVE BONE』は、体のパーツを題材にしたひびのこづえの衣装、コミカルかつ壮大な川瀬浩介の音楽、そして森山開次の驚異的な身体表現が鮮やかに融合した、抱腹絶倒のノンストップ・ダンスパフォーマンス。
「骨(=BONE)」や「内蔵」をはじめとしたからだの不思議を表現し、人体の宇宙、続いてゆく命をユーモラスに踊り尽くします。
赤ちゃんから大人までみんなで一緒に楽しめる新感覚のダンス公演。2010年の初演以降、国内外25都市以上で上演を重ねてきた作品が、この夏、スペシャルバージョンとして春秋座に再登場!

 

振付・出演|森山開次

衣装|ひびのこづえ

音楽|川瀬浩介

出演|安藤尚之、柳雄斗

京都芸術大学 学生ダンサー|

今井涼平・榎風ことは・葛輪夕姫奈・黃詩淯・佐々木未央・高橋夏那・土田千咲・等々力静香・中西眞秀・服部天音・原田涼音・藤井琴野

舞台監督|大鹿展明

照明|櫛田晃代

衣装助手|湯本真由美(ひびのこづえ事務所)

制作協力|野口南海子(森山開次事務所)

京都芸術大学 学生スタッフ

舞台監督助手:小野流空 音響助手:松井莉子 映像操作:池田結愛
衣装補助:池田真結、杉山菜野、松浦晃仁
ワークショップアシスタント:牧田万葉
ドキュメンタリー映像制作:石田祥太郎・張子宜・三木温人

宣伝美術|小林すみれ

舞台芸術研究センター
制作:井出亮・藤井宏水 制作助手:後藤禎稀 広報:後藤孝典

主催・企画制作|京都芸術大学 舞台芸術研究センター

後援|京都市教育委員会

助成|文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)独立行政法人日本芸術文化振興会

 

Editor: TDM staff   Update:2022/08/15

 

「クラブ・ダンス・イベント・スタジオ情報などを、Newsに掲載させたい!」という方は、編集部まで情報をお寄せ下さい。詳しくはこちら

About the author / 

tokyodancemagazine

Related Posts


Post Tab

最新イベント